時間と場所に縛られない生活に必須のスキルを爆速1ヶ月で身につける方法

f:id:youchiryoin:20170606181528j:plain

  • 今の会社に居続けることに漠然とした不安を抱えている
  • 時間と場所にがんじがらめになった仕事に限界を感じる
  • 本業の他に複業を作りたいが何をすればいいかわからない
  • 国内と海外を渡り歩く生活をしたいけど手がかりがつかめない

あなたは今の職場でこんな悩みを抱えていませんか?

 

ぼくは現在会社員ですが「治療院経営・ブログ運営・家賃収入」から給料以上の収入を得て生活しています。

 

そのように複数の収入源を作るようになったキッカケは、

  • 会社だけの収入源に依存する弱者でいたくなかったから
  • 日本と海外を渡り歩く生活をしたかったから

この2点です。

 

よく友達からは羨ましがられますが、日々更新を欠かすことができないブログや、数百万のローンを組まないと始められない不動産投資は、かなりハードルが高く気軽にオススメすることができません。

 

そこで、今ぼくが自信を持って「コレなら最短1ヶ月で複業もできるし、時間と場所に縛られない収入になるよ!!」とオススメできるものがあります。

 

(今ぼくが20代前半だったら迷わず飛びついていたに違いありません。笑)

 

それが「プログラミング」です。詳しく説明しましょう。

  

プログラミングスキルはなぜ最強なのか

1.複業どころか起業も十分可能

ぼくは会社員をしながら複数の収入源をもつパラレルキャリアという働き方を推奨しています。

ただ、このプログラミングに至っては、供給が不足し過ぎていて仕事がわんさか溢れているんですよ。

その勢いは「複業のつもりで始めたのに、あっという間に本業の収入を超えてしまった」という可能性も十分ありうる破壊力。

これからはロボットを使ったITテクノロジーが物凄い勢いで普及してくるのはご存知の通りですよね?

でも、そのロボットを動かすには全て人間がプログラミングする必要があるんですよ・・・。

下のグラフをみてください。

f:id:youchiryoin:20170606000745p:plain

プログラマーを含むIT人材は2020年には約4.8万人が不足するとの見通し。

ナント2020年には小学校でプログラミングが必修化されるというから驚きです。

 

しかも年収や待遇はどんどんよくなっているから、会社の給料以上の金額を稼ぐことができる可能性は十分あるというワケ。

 

ちなみに、仕事はクラウドソーシングやエージェントなどでいくらでも案件が転がっていますから、自分でチラシを作って地道に配る・・・なんて苦労も要りません。

とにかく引く手あまたなんです。各業界が窮乏している技術なのです。

 

例えばクラウドソーシングの最大手「ランサーズ」で仕事検索してみると、こんなカンジで常時1000件以上の仕事がプログラマを待っている状態。かなりカオスですね。

f:id:youchiryoin:20170606002225p:plain

 

・・・というわけで、プログラミングのスキルを身につけると、もはや「仕事が見つからないほうが難しい」という状態になります。笑

 

2.時間と場所に縛られずに仕事ができる

もう一つプログラミングの最強メリットはここなんですよね。

ネット環境とパソコン一台さえあれば、チェンマイのカフェにいても、ハワイのホテルにいても、仕事ができてしまう。

ぼくも「日本と海外を渡り歩く生活をする」ことを目標にブログや不動産投資を始めた身なので、この「場所の制限が外れる」という快感は他に変え難いものがあります。

 

ぼくはパソコンに長時間向き合う作業が向いていないのでプログラミングは敬遠していますが、「何時間パソコンを触ってても疲れない」という人は、もはや身につけない理由がないスキルなんですよね・・・。

 

いきなり「日本と海外を渡り歩く生活」はできなくとも、会社の収入に加えて時間とお金に縛られない収入がプラスされるとかなり精神的に余裕が出てきます。

 

雀の涙ほどしかアップしない昇給やボーナスが割とどうでもよくなってきますよ(笑)

 

最短1ヶ月でプログラマーになれるWebCampに参加しよう!!

ここまで読んで「魅力があるのはわかったけど、そもそもプログラミングって何?」とお思いの方もいるでしょう。

確かにフツーに生きててプログラミングと関わることなんてないですよね。

ぼくのオススメするプログラミングスクールのWebCampでは、そんなウェブ初心者のために以下の3つのコースが用意されています。

 

3つのスキルの中でどれが一番おもしろそう?

f:id:youchiryoin:20170606074213p:plain

WebCampでは、目的に合わせて3つのコースを選ぶことができます。

1.Webデザインコース

Webデザイン初心者の方でも、Webデザインのスキルがを身に付けることができます。短期間で自分のオリジナルを作成することができます。

さらに詳しい説明はこちら↓↓

>>Webデザインコースの詳細

  

2.プログラミングコース

プログラミング未経験・初心者の方でもプログラミングスキルが身に付けることが出来ます。TwitterやFacebookのようなWebサービスを開発するための技術を学ぶことができます。

さらに詳しい説明はこちら↓↓

>>プログラミングコースの詳細 

  

3.iPhoneアプリ開発コース

初心者・未経験から、プログラミングを用いたiOSアプリ開発に必要な技術を習得することが出来ます。オリジナルアプリを作って世界に公開できます。

 さらに詳しい説明はこちら↓↓

>>iPhoneアプリ開発コースの詳細 

 

どれが自分に合うのか選べないという方へ

f:id:youchiryoin:20170606081525p:plain

「時間と場所に縛られない働き方がしたい!でもどのコースを選べばいいのかわからない・・・」

という方のために、WebCampでは「無料体験会」なるものが用意されています。

この時点でバッチリコースが決まっている人の方が少ないと思うので、とりあえず参加してしまってから悩めばいいでしょう。

 

スタッフが親切に相談に乗りながら自分に合うコースを教えてくれるので、Web初心者の方にとっても心強いですよね。

 

会社員でも同時平行で学べるオンライン学習システム

f:id:youchiryoin:20170606170107p:plain

「会社で働きながらスクールなんて通えないよ・・・」という方でも大丈夫!

WebCampはオンライン学習システムが整っていますし、授業外の時間にスマホから講師に質問することもできます。

とにかく初心者に優しい仕組みなので、今までWeb関係の仕事をしていなくてもシッカリ基礎から学ぶことができるというワケ。

しかも受講日はいつからでもスタートできるので、特定の期日になるのを待つ必要もありません。

 

孤独な環境がニガテな方は、集団講義も受けられる!

f:id:youchiryoin:20170606164259p:plain

通い放題による学習に加えて、独学が難しい分野の講義は集中講座を受けることができます。しかも毎日開催。開催スケジュールをチェックして、受けたい講座だけを好きなだけ受講することができます。

このように、オンラインとオフラインをうまく組み合わせてモチベーションを保てることが、業界ナンバーワンの修了率を誇るWebCampの秘密なんですね。

 

無料説明会で気になるところを聞きまくろう!!

ここまで読んでも不安が残る気持ちはとてもわかります。

  • なんのスキルもない自分が習得できるだろうか。
  • 会社の仕事と平行してやっていけるだろうか。
  • スキルが身についても本当に仕事があるだろうか。

このように「だろうか」の連発で勝手な憶測ばかりしていても、不安は1ミリも消えないどころか増すばかり。

そんな不安を払拭するためにも、ひとまず無料説明会に参加してしまいましょう。

そこで気になる点をバシバシ質問してから考えれば済むことです。

 

 

WebCampのメリットを総まとめ 

ここでWebCampのメリットを整理してみます。

  • 会社の仕事をしながらでも十分スキルを習得できる
  • 時間と場所に縛られない収入をつくることができる
  • わからないことはいつでもスマホで講師に質問できる
  • Web未経験者に優しいサポートが充実している
  • オンラインとオフラインを組み合わせて学習できる
  • なにより修了率は業界ナンバーワン
  • 最短1ヶ月で供給不足のスキルが身につく
  • 修了後は企業からのオファーまでもらえる(!)

 

WebCampはこんな人におすすめ!

  • パソコン1台で海外を渡り歩いて生活したい人
  • 時間と場所に縛られない収入に憧れる人
  • 今の会社で働くことに漠然とした不安を抱えている人
  • ホームページやアプリを自作してみたい人
  • 満員電車に揺られて出勤したくない人
  • 海外や国内に複数の拠点をもって生活したい人
  • 家から一歩も出ずに仕事がしたい人

 

WebCampを受講した卒業生の声

航海士というキャリアを捨てて2ヶ月でWebデザイナーになった渡邊さん

f:id:youchiryoin:20170606173108p:plain

WebCampを知ったきっかけを教えてください。

 

上京してくる時の夜行バスで知りました。すぐ説明会を予約して参加したら担当者の印象も良かったので、申し込みました。1ヶ月コースの人が多いらしいんですけど、僕は仕事も辞めていたので3ヶ月コースで申し込みました。

 

WebCampに入ってみていかがでしたか?

楽しかったですね。毎日勉強していても飽きなかったし、集中力が続きました。昔から物を作ったり、絵を描くのが結構好きだったので、楽しかったですね。

 

WebCamp卒業生で現在はトレーナーを務める大学生の代田さん

f:id:youchiryoin:20170606173547p:plain

WebCampを受講してどうでしたか?

通い放題が良かったです。プログラミングはもちろん勉強しましたが、トレーナーの方 や受講生の方と勉強するのが楽しかったという思い出がほとんどです(笑)

みんなとは今でも連絡をとっています。エンジニアってもくもくとパソコンに向き合うというイメージがありましたが、実際にはエラーの対処法を聞き合ったり、勉強会を開いたりして人とコミュニケーションをとることが多いです。

良い仲間に恵まれてよかったです!

 

これから学習する方へのメッセージ

エンジニアとして開発していると定期的にエラーに遭遇します。そこで投げ出したくなりますが、 投げ出さないでください。

未経験から始めてすんなりできる様になるわけがありません。誰しもがエラーと戦ってスキルアップしています。

トレーナーにどんどん質問してエラーを克服し、スキルアップしてください!

 

初心者からWebプロデューサーへと転身した宮本さん

f:id:youchiryoin:20170606174111p:plain

実際WebCampで学んでみてどうでしたか?

1ヶ月が終了した後は、その先は自分で調べて学んでいく姿勢が身についたのが良かったです。

ポートフォリオは自分的には全然納得できるレベルではないのですが、周りのみなさんは同じ期間で始められて、かっこいいサイトを作ってらしたので、やればできるんだなとは思いました。

 

 これから学習する人へメッセージ

やり始めないと出来ません。いろんな立場の人がいて、その時々で必要なスキルは違うと思いますが、自分のためにならないところはひとつもなかったので、是非チャレンジしていただければな!と思います。

 

 

 WebCampの受講を考えている人へメッセージ

f:id:youchiryoin:20170509180048j:plain

ここまで読んでくださった方は、きっと今WebCampの受講を迷っているところなのでしょう。

 

ぼくが今回WebCampの紹介記事を書こうと思った理由はたった一つ。

これほど多くのチャンスに恵まれた時代に生まれたんだから、時間と場所に縛られないライフスタイルを送る仲間を増やしたい!という想いがあるからです。

 

ぼくは長時間パソコンと向き合うことがニガテなので、プログラミングはおろか、日々書いているブログも正直なかなか苦痛です。

それでも、時間と場所に縛られない収入源をつくりたい欲は人一倍強く、銀行から300万借金をして不動産投資をしています。

 

パソコンに長時間向き合うことが得意な人なら、300万どころか、たった10万そこそこで「プログラミング」という世界のどこでも仕事が成り立つスキルを学べてしまう。

ぼくにとってコレはめちゃくちゃ羨ましいことです。

 

無料体験会の申し込みは、ナント3分足らずで完了してしまいます。

ただし、期限が決まっているので、後回しにしてチャンスを逃すのは絶対厳禁。サッサと申し込みをして、時間と場所に縛られないライフスタイルを手に入れましょう。

 

 

「他のプログラミングスクールと比較したい!」という方は、こちらの記事でじっくりと料金やサービス内容を比べてみるといいでしょう。

参考記事:オンラインで学べるプログラミングスクールの大手5社を徹底比較。社会人は独学で消耗するな!