読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビットコインを10万円購入したよ。日本と海外のデュアルライフを快適に楽しめますように。

f:id:youchiryoin:20170223153446p:plain

こんにちは。秘境をめぐる治療家、中村ひろきです!

巷ではまだまだ市民権を得ていない仮想通貨ビットコインを10万円買いました。

詳しい仕組みはこれから勉強するけど、普及してくれればメッチャ便利なことがたくさん起こりそうですよ。

一説では「インターネット以来の衝撃」と称されるほど画期的なシステムが採用されているんだとか。

 

・・・怪しいでしょう?

 

ぼくもまだカナリ怪しいと思ってます。

 

今回は買ったばかりのぼくの浅い知識整理を兼ねて、

・「ビットコインってなに?」

・「どんな便利な世の中になるの?」

・「どうやって購入するの?」

という方のために、できるだけわかりやすく解説します。

 

(タイトルの「デュアルライフ=多拠点生活」という意味です。)

 

ビットコインってなに?

f:id:youchiryoin:20170223154623j:plain

ビットコインとは、簡単に言えば「実物が存在しないお金の一種(=仮想通貨)」のこと。

「実物が存在しない」という点では、残高がスマホやパソコンの画面に表示されているだけの「楽天ポイント」や「WAON」と同じですね。

そして、決済方法も電子マネーと同じようにオンライン上で実行することができます。

じゃあ「ビットコイン=電子マネー」という式が成り立つのか?

答えはノー。電子マネーとは明らかに違う点があります。

 

ビットコインと電子マネーの違い

電子マネーは、所有している日本円を端末にチャージしたり、支払い口座にお金を入れておくことで使うことができます。

しかし、ビットコインは日本円から「チャージ」するのではありません。

ドルやユーロを使うときと同じように、日本円からビットコインへ「両替」することによって初めて使えるようになるのです。

その後の使い方は電子マネーと同じ。ビットコインが使えるお店で電子決済を行います。

そうするとこちらのビットコインが減り、店側のビットコインが増えるという仕組みなんですね。

 

他の通貨とビットコインの決定的な違い

「そんな怪しいモノ持たなくても、Tポイントとか WAONでよくね?」

と思うのも無理がないほど現時点で怪しいビットコインなんですが、他の通貨と決定的に違う仕組みがあっておもしろいんですよ。

ぼくは10万円のビットコインを購入したのも、「この仕組みが広まれば、もっと世の中が便利になるなぁ」と感動して、その仕組みを応援したくなったのが始まりです。

 

先ほど説明したように、電子決済ができる点では「電子マネー」と変わりません。

じゃあ、円やドルとはどこが違うのか。コレをざっくり説明したいと思います。

 

円やドルなどの各国通貨との決定的な違いは「中央が存在しない」という点です。

つまり、ビットコインには、日本円でいうところの中央銀行などの「政府」や、みずほ銀行などの「民間企業」がいないんですよ。

 

じゃあ、誰が管理しているのか。

ここが一番キモの部分なんですが「みんなで管理し合う仕組み」なんです。

 

日本円においては、お金の取引データは銀行が管理していますよね。

でも、ビットコインは、すべての取引データがネットワーク上に保存されて誰でも見られるため、不正や偽造ができない。

みんなで監視の目を張り巡らすシステムになっています。

(もちろん、個人情報は暗号化されますが)

 

といっても、ぼく自身細かいところまで理解できていないので、ビットコインを運用しながらブロックチェーンの衝撃とか仮想通貨革命を読んで勉強中です。

 

ビットコインで世の中はどう便利になるの?

f:id:youchiryoin:20170223163203j:plain

ぼくは6年前に世界一周をしたのですが、めっちゃ不便だったのが日本円から現地通貨への両替なんですよね。

 

・ATMとか銀行が閉まってる。

・銀行の従業員のおばさんがめっちゃ怖い。

・ATMに入れたキャッシュカードが出てこない。

・やっと引き出したけど手数料がクソ高い。

 

そもそも現金を持ち歩いてること自体がすごくリスク高くて、南アフリカとかブラジルでいつもビクビクしてました(笑)

 

もっとビットコインが世界的に普及してくれれば、これらの問題が一気に解決するんですよね。

・個人間で即座に送金できる。

・バカみたいな手数料がかからない。

・強盗に襲われるリスクがグッと減る。

まさに、これから世界を渡り歩いて生活をしたい人にとっては「応援しない理由が存在しないモノ」なんですよ。

 

日本円に換算して10万円をフィリピンへ送った際の、わかりやすい手数料の比較記事があったので転載します。

(※BTC=ビットコインの単位)

f:id:youchiryoin:20170223164928p:plain

引用:ビットコインでの送金手数料を比較してみたら驚愕の事実がわかった!! | ビットコインニュース情報

は?「0BTC」って無料かよ(笑)

それにしても「日本の銀行→海外の銀行」の手数料はエグいですね。

 

本当に無料なのか疑わしかったので、試しにぼくが口座を開設している「COIN CHECK」で送金手数料を調べてみました。

 

f:id:youchiryoin:20170223165316p:plain

「コインを送る」という項目を選択してみると、「0.0005BTC」と表示されています。

この記事を書いている2017年2月23日17時現在が「1BTC=130,450円」なので、送金手数料は「約65円」ですね。なんだこれメッチャ安いな。

 

手数料に関しては微増減しそうですが、なにせ民間や政府がいないので、ケタ違いの安さであることには変わりなさそうです。

 

それ以外にどんなメリットがあるの?

「じゃあ海外を旅する人にしかメリットがないのか?」といえば、そうではありません。

先ほど説明したブロックチェーンという「中央が存在せず、みんなで管理し合う」システムが多方面で普及すると、世の中が激変する可能性があります。

 

・株を買うのに証券会社がいらない→手数料が不要になる。

・投票システムの改善→不正ができない。

・美術品の全取引を記録→贋作を防止できる。

・医療データや土地データを記録管理→改ざん防止できる。

 

要するに「中央に力が集まりすぎていたあらゆるシステムを民主的にすることができる」可能性を秘めているのです。すごくないっすか?

 

ビットコインはどうやって購入するの?

だいぶ偉そうなことを言いましたが、実はぼく、ほとんどビットコインの勉強なんてせず、とりあえず10万買ってしまいました。

 

そりゃ増えてくれれば嬉しいですけど、それ以上に「もっと旅しやすい世の中になってくれ!」という期待を込めて、ビットコイン君に投げ銭したような感じです。

 

そこで気になる購入方法ですが、ビットコインには「取引所」なるものがいくつかあるんですね。

その取引所で口座を作って、ビットコインを購入するという流れ。

 

コレがまた素晴らしくて、Facebookアカウントさえあれば10秒で登録完了しちゃうんですよ。フィンテック万歳!

 

銀行のように「印鑑と本人確認書類」をもって「平日15時まで」にわざわざ銀行へ出向く必要は全くありません。

 

今思えば、あの無駄はなんなんでしょう?

申し込んだと思ったらキャッシュカードが送られてくるのに2週間くらいかかるし、印鑑が不鮮明だと再提出食らうし。そんな人生暇じゃないっつーの(笑)

 

取引所はどこがいいの?

ぼくは使っているのはCOIN CHECKという取引所。

スマホアプリもいい感じだし、パソコン画面もすごくシンプルで見やすいです。

f:id:youchiryoin:20170223172217p:plain

手数料は各取引所で若干違いがあるようなので、比較してみてください。大きいところでいくとbitFlyerZaifが有名ですね。

 

いきなり8000円を損する大失敗

次世代テクノロジーに期待して身銭を切ったぼくですが、早速大失敗を犯しました。

これを読んでるみなさんは絶対同じ失敗をしないように気をつけてください。

 

キャッシュを温存しておきたかったぼくは、とりあえずクレジットカードで10万円分買ったんですね。

 

は?買った瞬間8,000円減ってんだけどいきなり暴落した?

 

これ、調べてみたら、取引所ごとにクレジットカードで買った場合の手数料が違ったんですね。

COIN CHECK・・・約8% ←

Zaif・・・約4.5%

bitFlyer・・・約7.6%

 

ここでやられたようです。

 

というわけでみなさんはぜひ現金で買ってくださいね。取引所ごとに随時手数料キャンペーンを行ってるみたいなので、各社サイトを見比べて口座を作ってみてください。

 

なお、この記事を書いている現在は、約8%の手数料を取り返すどころか当初の10万円をかなりオーバーしてくれています。

f:id:youchiryoin:20170223173421p:plain

ま、ぼくはデイトレーダーではなく「長い目でビットコインを応援する人」なので、利益確定するつもりもなければ、上がろうが下がろうがあまり気にしていません。

 

そもそも、全額スっても「精神的に気にならない」程度の小資本でしか始めちゃダメです。

 

ビットコインにまつわる動き 

今後の動向が注目されているビットコインですが、最近はこんな動きがありましたよ。

 

インドルピー高額紙幣廃止時にビットコイン高騰?

昨年11月にインドで突然高額紙幣を廃止するという騒ぎになった時、インドルピーに対するビットコインが30%高騰したらしいんですね。 

もし、この時にインドに滞在していて、日本の相場でビットコインを買うことができたら、現地人に高く売れるかもしれないですよね・・・?

「そのときビットコインを売って手に入れたルピーを滞在費に充てる」なんてこともできそうです。

インドだけに限らず、滞在する先々でビットコイン相場が動いた時に売り買いできれば、有利に旅が進められそうな気がしませんか?

 

日本国内でビットコインが使える店舗はどれくらい?

現在ビットコインで支払いができる国内店舗は、

【2017年2月23日現在】

・通信販売・・・33件

・実店舗・・・117件

だそうです。まだまだ少ないですね!

 

ビットコイン対応決済店舗一覧をみてみると、個人店が多い印象ですね。聞いたことのある大手は「DMM.com」と「リンゴ屋」くらいでした。

 

ビットコインの相場は今後どう動く?

それはわからないですねー。

ぼくはいちいち変動を気にしていないので、もし短期的に売買を繰り返したいなら、デイトレーダー的に運用している人のブログをチェックしてみるといいでしょう。

 

参考までにビットコインの相場をCOIN CHECKのスマホアプリで見てみると・・・

 

▼ここ1日の変動。

たまたまこの日は急上昇しましたが、いつもは激しく上下しています。

f:id:youchiryoin:20170223235655j:plain

 

▼ここ1年の変動。

何か事件が起こるたびにガクッと下がりますが、着々と市民権を得ている感じですね。

f:id:youchiryoin:20170223235503j:plain

 

国内の取り扱い店舗は150軒程度しかないのに、不思議と少しずつ価値が上がってるんですよね。

ある日突然Amazonが「ビットコインで支払い可能にするわ」なんて言い始めたら、ドカーンと高騰するんだろうなぁ。めっちゃワクワクします。

もちろん、無一文になる可能性も十分ありますけどね!

 

まぁ、ただのゲームに過ぎませんが、毎回変わらない顔ぶれの同僚と惰性で飲みに行く酒代よりよっぽど有益な使い道だと思いますね・・・。

 

まとめ

ぼくがビットコインを買った理由をまとめると、

 

・普及してくれたら海外を快適に旅できそうだから。

・本を読むよりサッサと身銭を切った方が勉強になるから。

・まだ世間に「怪しい」と思われているから。

 

特に3つ目の理由は大きいですね。

 

昭和の終わりに生まれたぼくは、最初はオタク扱いされていた「パソコン」が一瞬で社会人必須アイテムになったり、みんな不安がっていた「ネット通販」が生活に不可欠になったりする現場を目の当たりにしてきました。

 

そこで学んだこと。

 

「最初は怪しくても、みんなの生活をよりよくするものは、知らないうちに生活圏に侵入してきて、その後瞬く間に普及する。」

 

ということ。

 

そう考えると、今のビットコインが放っている「怪しい雰囲気」は、明らかに普及する前のアレに思えて仕方ないんですよね。

 

快適に海外を渡り歩くために、ビットコイン君を応援しようぜー!

 

そして、暮らしながら旅しようぜー!

  

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin