【先着1名】日本男児と結婚したい外国人女性の連絡先を「今すぐに」教える。

f:id:youchiryoin:20160513002356j:plain

 やばいやばいやばい。完全に忘れてたわ・・・。

世界一周中に出会った女の子に「日本人の男の子紹介してねッ」って頼まれてたの忘れてたぁぁああ!!!

 

 日本人と結婚したい外国人女性との出会い

f:id:youchiryoin:20160513004412j:plain

 2012年2月。当時25歳だったおれは、ケニアのナイロビに滞在していた。ライオンや大草原は全く興味がなく、ひたすらナイロビの街を散歩していた。カフェや、スーパーや、行き交う人々の様子をみているのが大好きだった。

 

そんなナイロビのシティライフに慣れてきた頃、路上で30歳くらいの女性に突然話しかけられた。適当な返事をしても、ずっと後をついてくる。

 

無視してもツマランし、立ち止まったらきっと相手の思うツボ。てことで、そこそこ愛想を振りまきながら平気な顔をして歩くぼく。

 

スタスタスタ・・・

 

まだついてくる。なかなかしぶとい。どこかに避難しよう。

 

スタスタスタ・・・

 

おっ?

 

f:id:youchiryoin:20160513005920j:plain 

f:id:youchiryoin:20160513005650j:plain

  クールなカフェやんけー!!!入ろう入ろう。

 

 

 って・・・

 

おい・・・

 

f:id:youchiryoin:20160513010957p:plain

相席するんかーい!!!

 

このときの衝撃を当時の日記で振り返る。

女性はなぜかカフェでも同席して、コーヒーとサモサを注文していた。なんでもショップ店員をしていて、同僚からの電話を待っているらしい。

 

日本人と結婚したいケニア人と真剣トークしてみた

以下の会話は全て英語で行われている。しかし、おれは「おはよ」「すまん」「ありがと」などの基本すぎる挨拶と、フツーに日本で生活してて登場する単語しかわからない。熟語は「as soon as」が限界ラインだ。

 

今から海外を旅しようと思っている人は、そんな英語力でもここまでコミュニケーションが取れてしまうから安心してほしい。その代わり必要なのは、手足が筋肉痛になるレベルのおおげさなボディランゲージだ。

 

自分のペースに引きずり込むケニア人

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「で、なんの用だったの?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「あなた結婚してるの?」

 

 f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「(質問スルーかよ)してないよ。」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「私バツイチ子持ちなのよ。」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「うんうん。で?」

 

 f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「日本人と結婚したいのよ。」 

 

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「お、おう・・・」

 

日本人にグイグイ迫るケニア人

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「なんで日本人がいいの?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「頭が良いし、とっても働き者じゃない。」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「へー!そういうイメージなんだね!」

 

 f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「あなたどう?ケニアに来たら?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「No I can't !!!!!」

 

ケニア人相手に負けちゃいられん日本人

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「おれの友達紹介するよ!みんなハードワークだよ!」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「いいわね。ホーネストかしら?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「うん、ホーネストホーネスト!」

 

 ホーネスト・・・ホーネスト・・・

 

このときぼくの頭の中は・・・

 

f:id:youchiryoin:20160516234857p:plain

K-1四天王のアーネストホーストしかいなかった。

 

あとから調べたら、ホーネスト(=honest)は、「誠実な」「信頼できる」という意味らしい。なるほど、誠実な異性が好まれるのは万国共通のようだ。

 

とりあえずケニア人に自己PRしてもらった

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「とりあえずさ、自己PRしてみてよ!」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「わかったわ。でも、どうやって?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「おれのiPadを使って、自己紹介文書いてみてよ。」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「それはいいアイデアね。任せなさい。」

 

このあたりで恥ずかしがらないのはサスガである。

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「できたわ。これでどう?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「完成度たけぇぇええええ!!!

 

▼原文のまま

 

f:id:youchiryoin:20160517000538j:plain

f:id:youchiryoin:20160517000546j:plain

【英文】

my name is Pauline from Kenya am 28 years business woman with one kid 3 years.

honest looking for a serious man. my mail is ○○○@yahoo.com from Kenya.

 

【おれ的日本語訳】

私はケニア人のポーリン。28歳よ。3歳の子供がいるわ。賢くて誠実な男性を探してるの。メールアドレスは○○○@yahoo.comよ。たくさんのご応募待ってるよん☆

 

f:id:youchiryoin:20160513012204p:plain

「これ、Facebookとかに載せちゃっていいの?」

 

f:id:youchiryoin:20160513012239p:plain

「問題ないわ。早く探してちょうだいね。」

 

ぼくはその2日後にケニアを去り、ヨーロッパ→南米→北米と旅を続けた。

 

フィンランドでは、公園の便所の近未来感にビビりまくり、

f:id:youchiryoin:20160517002258j:plain

 

サントリーニ島では、犬に絶景案内をしてもらい、

f:id:youchiryoin:20160517005618j:plain

 

ボリビアでは、犬と日陰でひと休みしていた。

f:id:youchiryoin:20160517005908j:plain

 

そして、時は経ち、数日前。

 

やばいやばいやばい。完全に忘れてたわ・・・。

ポーリンに「紹介してねッ」って頼まれてたの忘れてたぁぁああ!!!

 

というわけである。

 

ケニア人女性と結婚したい日本男児、大募集!!! 

ぼくは1ヶ月以上に及ぶアフリカ滞在で、100人以上に声をかけられてきた。その全てがボッタクリの勧誘でしかなかった。

 

しかし、ポーリンは違った。コーヒーとサモサ代こそぼくが負担したものの、金を巻き上げることが真の目的ではなかった。

 

つまり、彼女はアフリカ大陸における1%未満の逸材であり、彼女こそ真のホーネストなのである。

 

ぼくのかすかなポーリンの記憶

  • 肉食系
  • 肝っ玉かーちゃんタイプ
  • ホーネスト精神旺盛

 

ちなみに、ポーリンが今どこで何をしているのか、全く定かではない。そもそも「ポーリン」という読み方が間違っているかもしれない。

 

ただ、ナイロビのど真ん中でボッタクリじゃなかったことと、身なりが整っていたことから、かなりの上流階級の家柄だと思われる。

 

とにかくビビッと来た人は、ツイッターのDM欄から、今スグぼくに連絡してほしい。ただちにメールアドレスを教えたいと思う。

 

ただいまより「先着1名」募集スタートです。

 

「ポーリンと結婚したら人生が好転しそうだな」という友人が思い当たるなら 、迷わず今すぐに拡散してほしい。

 

▼旅関連の記事はこちらです