読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最終結論】その腰痛は「温める」「冷やす」どっちが正しい?

腰痛 カラダのこと

f:id:youchiryoin:20160322065935j:plain

  コレ、勘違いしている方がとても多いんです。

 

一番多いケース。温めなきゃいけないのに「とりあえず湿布貼って冷やしてます!」という人。

その次に多いケース。冷やすべきなのに「毎日フロに浸かって温めてます(ドヤァ)!!」というヤツです。

 

今回は、その勘違いで余計に腰が痛くなることのないように、判断のしかたと具体的な方法について、わかりやすく解説していきますね。

 

ほとんどの腰痛は「温める」が正解

いきなり結論です。

だからといって、「迷ったら温めろ!」というワケでは全然ありません。つーことで、ガサツな人も、あと90秒くらいお付き合いください。ミニマリストを気取って超カンタンにまとめると、こうです。

・「急性」なら冷やせ

・「慢性」なら温めろ

 

「あ、そーゆーことね!オッケ!」

 

と即理解できる人は、今すぐ「戻る」をクリックしてください(笑)

 そうでない方のために、もう一歩踏み込んでカラダの中で何が起こってるのか、具体的にどーすればいいのか、説明していきます!

 

背後から不意打ちドロップキック!さてドースル?

突然ですが、クイズの時間です。

あなたがスタバでコーヒーを注文してるとき、突然背後から何者かにドロップキックを喰らわされました。見事に腰あたりにヒットして、崩れ落ちるあなた。 

あなたの腰はみるみるうちに熱を帯びて、腫れ上がる。少しでもカラダを動かそうものなら激痛が走ります。しかも、その痛みはますます激しくなってくる。

 

さて、あなたは腰を温めますか?冷やしますか?

 

「急性」なら冷やせ

問題の答えは「冷やす」が正解ですね!

 

「急性」というのは、「急激に起こる経過の速い症状」のことです。上のクイズで挙げたような、急にカラダを傷つけられるケースは全て急性症状です。

 

医学的な言葉を少しだけ使うと、「けが」「事故」「ねんざ」「打撲(だぼく)」「骨折」の起こった直後も「急性」に当たります。

このとき、傷つけられた部分が熱をもったり、腫れたり、激しい痛みを感じたりします。これらの反応を「炎症」といいます。

 

「炎症」によって腰に痛みが走る場合は、その腰を冷やさなければいけない。ちょうど、火事を消し止めるためには水が必要な場面をイメージするとわかりやすいですね。このときに温めてしまうと「火に油を注ぐ」ことになってしまいます。

 

では、「炎症によって起こる腰の痛み」って、他にどんなケースがあるか。具体的なモノを挙げますよ。

 

  • スキーで転倒して腰を強打した
  • 交通事故で地面に打ち付けられて腰を打った
  • くしゃみをした時に「グキッ」と腰に痛みが走った
  • 前かがみの姿勢をした時に「ピシッ」と腰に痛みが走った

 

こーゆー悲惨なヤツのことです。

 

不意打ちドロップキックから3日経過。さてドースル?

ようやく普段通りカラダが動くようになったあなた。

 

腰をさわっても熱をもっておらず、腫れも引いたようです。また、どうあがいても痛かった激しい痛みはなくなりました。ただ、腰を左右にひねったときだけ、少し痛みが残っている。コレを取りたい。

 

さて、今度は腰を温めますか?冷やしますか?

 

「慢性」になったら温めろ

今度は「温める」が正解です!

 

「慢性」というのは、「激しい症状はないが、ダラダラと弱い症状が続く状態」を指します。「急性」が夕立ちのような激しい雨だとすると、「慢性」が梅雨時の弱い雨のようなイメージ。

 

「慢性」 の時には、すっかり炎症はおさまっています。つまり、熱感も腫れもなく、激しい痛みもなくなっている。でも、地味な痛みがダラダラ続いています。

 

炎症はおさまっているのに、なぜ痛むんだろう。この地味な痛みはどこからくるの?ということになります。それを知るには、このときカラダがどうなっているかを知る必要があります。

 

「慢性」のときのカラダは、痛めた場所に限ってひどく疲れています。筋肉は硬く、血行は悪くなっている。血行が悪い場所は、重くてだるいような痛みを感じます。今回の痛みの原因はコレです。

 

「慢性」の時の痛みの原因は、「炎症」ではなく「血行不良」ということがわかった。となると、血行を良くするには「温める」のがいいだろうか。「冷やす」のがいいだろうか。モチロン「温める」ほうがいいだろう。ということになります。

 

では、「血行不良によって起こる腰の痛み」って、どんなケースがあるか。具体的なモノを挙げます。

 

  • 寒い日や天気が悪い日だけ痛む
  • 子供を抱っこすることが多く前かがみすると痛む
  • 車を長時間運転すると腰が重だるくなってくる
  • ぎっくり腰から3日経ったがひねる時だけ痛む

 

こーゆーよくあるヤツのことです。

 

おわりに

温めるのか冷やすのか、ビミョーな時もあります。その場合は「何もしない」ことをおすすめします。そうすれば、少なくとも間違った処置で悪化してしまうことはないですからね。

 

では、おさらいです。

 

炎症が原因で起こる急性の腰痛は、冷やすべき。

 

血行不良が原因で起こる慢性の腰痛は、温めるべき。 

 

ぜひ試してみてくださいねー!

 

▼腰痛の方はコチラもどうぞ。